外反母趾は美母趾ラボの自宅ケアでサヨナラ

美母趾ラボ

成人の約30%以上が外反母趾(がいはんぼし)とされる現代人。私も外反母趾に悩んだ一人です。女性が突出していますが、男性も多数の方が苦しんでいます。

母趾(足の親指)関節根本が体の内へと飛び出て、先っぽは身体の外側に曲がってしまう症状ですが、私同様に、痛みに耐えている方も多数いらっしゃいます。

その痛みが日常生活への支障へとつながり、心から人生を楽しめない状況

治すと聞いて真っ先に思い描くのは「手術」だと思いますが、患者数が多い事もあり、術式は150種類以上あるといわれる乱立状態です。(当然ながら不十分な根拠の治療法も多いのが非常にやっかいです。)費用も高いのがネックです。

 

自然治癒が無い外反母趾は、何もしないと悪化の一途をたどります。外反母趾の改善は、一時的な痛みを和らげるではなく、「再発しない足を目指し、日常生活はもちろん趣味などを謳歌できる足へと改善すべき。」と考えました。

 

そこでたくさん調べて、気になったのは自宅ケアの出来る「美母趾ラボ」です。

美母趾ラボ

 

私がオススメする美母趾ラボの公式サイトはコチラ

外反母趾の治療法と言われている療法

外反母趾の治療方法は大きく分けて「保存療法」「手術療法」があります。

さらに保存療法には①靴指導、②運動療法、③装具療法、④薬物療法に分類されます。

手術療法は前述の通り、乱立状態で、その中で代表的な術式は「骨切り術」という、中足骨の一部を切除して矯正する術式ですが、切除にも多数あり、それぞれメリット・デメリットが存在します。そしてお医者様は手術を進めてきます。そして手術療法では本当の改善ではありません・・なぜか?(後述します)

 

外反母趾の治療法「保存療法」

①靴指導

靴
簡潔に書くと、「外反母趾でも痛くならない靴を選びましょう」です。指先はゆとりある形状で、ヒールは低く、素材は柔らかいが推奨されます。インソール(中敷き)の併用も効果的です。

外反母趾になるのは、どんな靴なら○○%のように数値化されている訳ではありませんが、幅狭のハイヒールは外反母趾に影響となる事は明らかです。

しかし、幅広が良いという訳ではありません。本来、土踏まずは名前の由来の通りに地面に接着せず浮いた状態にありますが、歩行時など体重がかかる際には潰れ気味になり、これに伴い親指の第1中足骨は横方向へと広がろうとします。大きすぎると足幅の広がりを抑えられずに、中足骨部分が開いてしまい、結果として親指は人差し指側へと傾いて外反母趾となってしまいます。

悪化させない靴を選ぶことは、もちろん重要ですが、根治では無いので履きたい靴を選ぶことが出来ないのが、靴指導の最大のデメリットですね。

これからサンダルを履きたくなる時期ですが、靴指導だけでは、足を覆ってくれないサンダルは痛くて履けません。

 

②運動療法

軽度程度に効果があるとすれば運動療法。様々なTV番組でも特集されていますね。簡潔にお伝えするなら足の指をグー・パーと閉じたり開いたりの運動を繰り返す事です。

中等度~重度ではそもそも、グー・パーと閉じたり開いたり出来ません。

 

予防やケアとしては、残念ながら絶大な効果は期待できません。

 

③装具療法・④薬物療法

がちがちのテーピング・サポーターを就寝中や、座った状態のときに装着することにより、足の形状を矯正してくれます。様々な商品をAMZONや楽天なんかで気軽に購入出来るのが足を覆う装具療法。

湿布などの薬物により痛みを緩和するのが、薬物療法となっています。

 

しかし、装具療法の代表であるテーピングは、素人では難しいです。どの程度の強さで行うのかが全く分からなく、プロのテーピングほどの効果が期待できません。

外反母趾の治療法「手術療法」

病院

 

重度の外反母趾となると整形外科などのお医者さんから手術が必要とすすめられます。費用の相場は片足で15万~20万円程度で、両足では更に+10万円といった所です。

抜糸するまでの2週間がおおよその入院期間となっております。

形状を一気に改善する方法ではありますが、費用も高く、治療期間も長くなってしまいますが、重度なら手術をする事となります。

しかし、手術は本当の改善と言えるのでしょうか?

 

外反母趾は手術をしても、2年程度の再発してしまう方が多いです。それは、「自分がナゼ外反母趾になったのか?」の原因を理解していないからです。そして自分のタイプにあったケアの仕方が分かっていないからです。

 

□保存療法は正しい知識があれば自宅ケアが可能。

□変形を伴い痛みを感じる方は手術療法を検討。しかし再発してしまう。

□外反母趾は進行性である。

正しい知識があれば、外反母趾は自宅ケアが出来て根本的な問題も解決出来る。

「本当の問題解決」美母趾ラボの公式サイトはコチラ

美母趾ラボの特徴

美母趾ラボは、非常に特徴的です。

  1. 非常に安価
  2. DVDではなく会員サイト方式

この2つが最大の特徴です。

美母趾ラボは非常に安価

 

通いの施術を行うと平均80,000円(交通費は別)・手術は150,000円とされています。正しい知識・ケアを知らないと施術・手術をしても再発の可能性があり、万が一で再発してしまうと費用はそれぞれの倍となります。美母趾ラボは1回限りの24,800円となっています。

また、最大24回払いもOKですので、月々は1030円で、1日38円以下で始める事が出来ます。

 

美母趾ラボは会員サイト方式

他教材と一線を画す美母趾ラボの最大の違いは、会員サイト方式を採用している事です。(その為、AMAZONや楽天では購入出来ずに公式サイトのみでの販売のようです。)DVDのように、容量の決まりの無い会員サイト方式の美母趾ラボのボリュームは非常に多い事があります。

 

 

会員サイトは容量だけでなくその他にもたくさんのメリットがあります。

  • 直ぐに始められる(DVDの郵送ではない為)
  • かさばらない(DVD7枚分をスマホやパソコン・タブレットで見れます。)
  • TVをご主人に占領されてもOKで通勤・寝室で閲覧できる
  • アップデート・超手厚いサポートも受けられる
会員サイト方式なら鮮度の高い情報をすぐに気軽に実践できます。

美母趾ラボのまとめ

美母趾ラボは「3つのタイプ」に分けてケアの仕方を教えてくれますし、靴指導もしてくれます。ハイヒールは、外反母趾を悪化させる要因にはなりますが、それだけではありません。人それぞれ違うののに一つのケアでは解消しないというのが、開発者である酒井先生の考えです。

「あなたの外反母趾は私にお任せください!」と言ってくださるように、手厚いサポートのある美母趾ラボ開発者の酒井さんは19年間でのべ80,000人を施術経験を持ち、元WBA世界スーパーフライ級王者セレス小林氏運営の「セレスボクシングスポーツジム」所属プロボクサーたちのフィジカルトレーナーを兼任。数多くの講演を行う。そんなプロも信頼する酒井先生の「美母趾ラボ」

他との比較は

 

そして最も感動したのは「サポート」です。超手厚いんです。

酒井先生は千葉在住です。通える方ばかりでは無いですよね。私なんかは北海道在住なので、絶対に通えません。プロボクサーも信頼する先生の診察を1か月間何度でも特典として診てもらえるんです。

2か月からも診てもらいたいなら1,980円+税/月で継続可能です。これは、美母趾ラボ本編を超えるかもしれないほどのサポートで、酒井先生の外反母趾に対する姿勢を感じる事の出来ますね。

 

解決

美母趾ラボの公式サイトはコチラ

 

最後に経験者として紹介者として美母趾ラボに外反母趾を改善して、皆様が日々を楽しめるようになれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。